ご覧になった方からの感動の声

  • すばらしかったです。生命、愛、家族、友情、親子、兄弟……たくさんの大切なことを考えさせられました。3人の朗読と2人の演奏でこんな深い表現があるなんて初めて知りました。ぜひ何度も各地で公演して下さい。

    (48才・男性)

  • 今の自分のおかれている状況や、周りの人、大切な人との関係と、重ね合わせて見ました。もし、次があるなら、いま一番、気持ちを伝えたい人と一緒に来たいです。

    (30才・女性)

  • もう一度会いたいと思う人、やりたいと思っている事、なにかと「出来ない理由」があって会いに行ってなかったり、やってない事を生きてる内にしなければと改めて思いました。亡くなった家族のことなども思い出し、自分が亡くなった方に出来なかったことを悔やむより、今やれることをしていきたいと思います。

    (34才・女性)

  • すばらしかった。感動しました。2年前にこの本に出会い、泣きながら一気に読みました。特に光枝さんの語り、静かな声の中に力強いメッセージが伝わります。又、みなさんの歌唱力もすばらしかったです。小原孝さんのピアノ、大好きです。

    (62才・女性)

  • 一冊の本をこの様に表現することができることに新鮮な感動を覚えました。

    (55才・男性)

  • 言葉が心にすっとやさしくよりそってくれる、そんなすばらしい感動を味わえる、本当に本当にすてきな作品でした。“死”ではなく、“生きること”、“どう生きるか”、“どうすごすか”。今、私の中にはそんなことばがとびかっています。すばらしいお話、すばらしい音楽、すばらしい空間を本当にありがとうございます。今日は、夜空を見上げながら、かえりたいと思います。

    (33才・女性)

  • 父と母を亡くし、つらい時でした。今日、少し心が晴れました。心からありがとうを申しあげます。

    (57才・女性)

  • 幼いころ観たミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」。物語と共にすばらしい歌声を思い出しました。今回は、それとは全く違う、「心から、心の奥からわき上る、こみ上げる素晴らしい想いを頂きました。ありがとうございました。

    (56才・男性)

  • 音楽も朗読劇も素晴らしく、原作も感動して読みました。素晴らしい音楽があったので、一層の感動を覚えました。私も死んで星になって皆を守り続けることが出来るでしょうか。

    (87才・女性)

  • 原作を読んで感動し、今日また、感動しました。このような劇を多くの人に見てもらいたい。すばらしい音楽と素晴らしい言葉。今、世の中で失いかけている心がここにあるように思いました。ぜひまた公演を、そして長く続けて下さることを願います。

    (49才・女性)

  • 人生の意味を様々な角度から学びました。自身、一昨年ガンを患い、持っていきようのない"思い"をコントロールするのが並大抵ではありませんが、今日の朗読劇で勇気づけられました。レベルの高い舞台で感動しました。

    (56才・女性)

  • こんな素晴らしい舞台を逃さずよかった。生命にかかわるようなものではありませんが、今年、私も初めて入院生活を送りました。私以外はほとんど癌。明るくふざけつつ辛さに耐える本人、家族、医者、看護士に接し、また、私自身の心の動きを通して多くを得た体験でした。ちゃんと生きようと思いました。

    (45才・女性)

  • ストーリー、音楽、どれも素敵で今年観た舞台で1番泣けました。人間が生きて行くうえで大切なもの、普段の生き方を考え直すキッカケをモリー先生の言葉から頂きました。ありがとうございます。

    (女性)

  • 人生の勉強をさせて頂きました。書きとめて置きたいメッセージに溢れていて、憶えておきたいメッセージに溢れていて、音楽に感動させて頂きました。

    (75才・女性)

  • 初演につづいての観劇です。こういう作品こそ、大切にしたいと思わせられます。すべての関係者の方に感謝です。また再演して下さい!

    (28才・女性)